グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  日調連の活動 >  研修 >  特別研修(法務大臣指定研修)

特別研修(法務大臣指定研修)


 特別研修(土地家屋調査士特別研修)とは、土地家屋調査士が、土地家屋調査士法第3条第1項第7号及び第8号に規定する「土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争」に係る民間紛争解決手続代理関係業務を行う能力を得るために必要とする土地家屋調査士法第3条第3項に規定する法務大臣が指定する研修です。

第14回土地家屋調査士特別研修の実施について

日程

令和元年7月19日(金)~21日(日) 基礎研修
令和元年7月22日(月)~8月22日(木) グループ研修
令和元年8月23日(金)~25日(日) 集合研修・総合講義
令和元年9月7日(土) 考査

受講者募集

受講者募集は終了しました。
---「受講者募集」について、以下は参考掲載---
第14回特別研修の受講者募集を開始しました。
申込及び締切については、所属する土地家屋調査士会(有資格者の方は、居住地の都道府県にある土地家屋調査士会)に
お問い合わせください。
【資料】(口述試験会場で配布した資料と一部内容が異なりますので、ご注意ください。)

グループ研修用資料

第14回特別研修のグループ研修用資料を掲載しました。
なお、課題の提出方法及び提出先につきまして、基礎研修会場等において別途指示があった場合は、その指示に従って提出してください。
マニュアル
様式

考査問題

考査終了後に、問題用紙、択一式問題の解答及び記述式問題の出題趣旨を掲載します。(令和2年3月下旬掲載予定)