ホーム > 日調連の概要:沿革

日本土地家屋調査士会連合会の概要

日調連の沿革

1950年(昭和25年)
土地家屋調査士法制定(昭和25年・法律第228号、同年7月31日施行)
全国土地家屋調査士会連合会設立
1951年(昭和26年)
会員の徽章制定。
徽章
1954年(昭和29年)
事務所を東京都建築局(東京都千代田区)構内に移転
1959年(昭和34年)
事務所を東京法務局構内(東京都中央区)に移転
1967年(昭和42年)
組織名が日本土地家屋調査士会連合会となる。
事務所を新橋駅前ビル(東京都港区)に移転
1970年(昭和45年)
土地家屋調査士法制定20周年記念大会開催
(於 日比谷公会堂)
1975年(昭和50年)
土地家屋調査士法制定25周年記念式典開催
(於 東京都港区高輪ホテルパシフィック)
1980年(昭和55年)
土地家屋調査士法制定30周年記念式典開催
(於 東京都港区高輪ホテルパシフィック)
1985年(昭和60年)
会館(東京都文京区)落成
1990年(平成2年)
土地家屋調査士法制定40周年記念式典開催
(於 東京都港区高輪ホテルパシフィック)
1994年(平成6年)
全国土地家屋調査士松本大会開催、土地家屋調査士制度発祥の長野県松本市に記念碑を建立する。
2000年(平成12年)
土地家屋調査士法制定50周年記念式典開催
(於 東京都新宿区京王プラザホテル)
土地家屋調査士シンボルマークの作成
徽章
2006年(平成18年)
第5回国際地籍シンポジウム/土地家屋調査士全国大会in Kyotoを開催し、「京都地籍宣言」を行う。
2008年(平成20年)
土地家屋調査士会館(東京都千代田区)に移転
2010年(平成22年)
土地家屋調査士制度制定60周年記念式典開催
  (於 東京都文京区 東京ドームホテル)
制度制定60周年記念事業 地籍シンポジウム2010/土地家屋調査士全国大会 in Tokyo 〜ひと・とち・みらい はーもにー〜 『地籍 その可能性を探る』 を開催、「地籍問題研究会」が設立される。
  (於 東京都千代田区 日比谷公会堂)
2011年(平成23年)
「土地家屋調査士の日」制定
© Japan Federation of Land and House Investigators' Association