日本土地家屋調査士会連合会の活動

研修インフォメーション

24広島会  平成29年9月22日(金)開催 「平成29年度第1回一般研修会」

データ登録日: 2017年08月29日

AJ003
①講演「国土調査法第19条第5項指定と地籍整備について(仮題)」
  講師 中国地方整備局 担当官
  地籍調査の進捗率は51%(平成27年度末現在)にとどまっているところ、国土調査法19条5項指定を促進することによる地籍整備の推進について、講演があります。

②講演「土地家屋調査士による筆界認定」と「人口減少時代における土地境界問題と土地家屋調査士の責務」について
  講師 元日本土地家屋調査士会連合会副会長 宮嶋 泰 氏(大分県土地家屋調査士会)
  境界の専門家として、実務においても重要な筆界確認について、筆界点の数値データの蓄積などを踏まえて、所有者不明土地の増加などの社会問題に対応する筆界確認のあり方などについて、講演があります。
組織
研修体系
講師中国地方整備局 担当官、元日本土地家屋調査士会連合会副会長(大分県土地家屋調査士会) 宮嶋 泰 氏
主催者広島県土地家屋調査士会
開催日2017年09月22日
開催時間13:00〜16:45
会場広島県健康福祉センター(8F大研修室)
会場住所広島県広島市南区皆実町一丁目6番29号(地図
対象者当会会員、ブロック協議会会員
CPDポイント4
© Japan Federation of Land and House Investigators' Association